サンクチュアリ

インフル患者、依然減少=ほとんど新型−感染研(時事通信)

 4日から10日までに全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は、1カ所当たり9.18人で、6週連続で減少したことが15日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。1週間の推計患者数は約59万人で、昨夏以降の累積は推計約1875万人。
 検出されるウイルスは依然ほとんどが新型の状況が続いている。 

【関連ニュース】
インフル患者、減少続く=休暇の影響も
インフル患者、減少続く=依然ほとんどが新型
この冬どうなる?インフル流行=新型減少も予断許さず
インフル患者、3週連続減=いったんピーク過ぎる
新型インフル輸入ワクチン、従来と異なる製法=副作用懸念の声も

「子ども手当」どう使う? 関西ママは節約志向(産経新聞)
第142回芥川賞は該当作なし(読売新聞)
「命にかかわる事業以外は廃止」=夕張派遣職員らが意見交換−愛知県春日井市(時事通信)
飽和状態…都市部から地方へ 弁護士さん就活激化 滋賀・島根10年で登録倍増(産経新聞)
裁判員大阪地裁 元組長に懲役11年 覚醒剤密輸事件(産経新聞)
[PR]
by dipn45cpsp | 2010-01-21 10:37
<< <訃報>武田五郎さん87歳=元... 3新人が届け出=宮崎市長選(時... >>