サンクチュアリ

会期延長、調整続く=郵政成立求める―国民新(時事通信)

 仙谷由人官房長官は10日午前、国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)と都内で会談し、郵政改革法案の扱いと会期延長の是非について協議した。国民新党は同法案の会期内成立を求めているが、民主党内では参院選日程がずれ込む会期延長に否定的な声が多く、郵政法案は先送りすべきだとの意見が強まっている。
 会談で仙谷長官は、民主党の参院側が会期延長に強く反対していることを説明。仙谷氏はこの後、記者団に「民主、国民新両党でどう調整していただくかという話をした。これからだ」と述べ、亀井氏らとさらに調整を続ける考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
会期延長に慎重=官房長官
小沢流政治と戦う=新党改革・荒井広幸幹事長

【科学】「ブレ球」に迫る 無回転シュート ボール後方に渦(産経新聞)
スカート盗撮行為、大阪市職員を逮捕(産経新聞)
菅−亀井会談 郵政法案「成立期す」を確認(産経新聞)
民主党 政調「衣替え」着手 政府と党の共催案など浮上(毎日新聞)
<菅政権>「荒井戦略相」の対応に追われる(毎日新聞)
[PR]
by dipn45cpsp | 2010-06-15 11:28
雑記帳 高知の啄木と父の歌碑、... >>