サンクチュアリ

医師ら41人の行政処分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は2月24日、医道審議会医道分科会の答申を踏まえ、医師28人、歯科医師13人の計41人の行政処分を決めた。処分の内訳は、免許取り消しが3人、業務停止が35人、戒告が3人。処分は3月10日に発効する。

 免許取り消し処分を受けたのは、福岡県春日市の二宮秀平医師(準強制わいせつ、住居侵入)、大阪府堺市の裴文明医師(準強制わいせつ)、沖縄県浦添市の田村英範歯科医師(強制わいせつ)。

 このほか、医師では医業停止3年が1人、2年が3人、1年が3人、6か月が5人、4か月が1人、3か月が5人、2か月が2人、1か月が3人、戒告が3人。歯科医師では医業停止1年が1人、6か月が1人、3か月が2人、2か月が2人、1か月が6人だった。

 処分理由は「診療報酬の不正請求」が最多で、医師・歯科医師で計12人だった。


【関連記事】
看護職33人の行政処分を公表−厚労省
不適切な請求での返還19億円減の36億円
医療事故の法的責任、行政処分のあり方含め検討を−医療安全推進シンポ
医師ら50人の行政処分を公表―厚労省
介護報酬不正受給で指定取り消し―和歌山

財政破綻やはり無関心?市民パブコメ1件のみ 大阪・泉佐野市(産経新聞)
縄文時代のクリ林確認 奈良・観音寺本馬遺跡(産経新聞)
おしゃれな春バッグ続々 素材や色を上手に選んで 革製品より手軽な値段に注目(産経新聞)
建設会社ビルに発砲跡=玄関ドアガラスに穴−佐賀(時事通信)
コンビニ深夜営業規制、京都市が断念(読売新聞)
[PR]
by dipn45cpsp | 2010-03-04 17:02
<< <iTunes>消費者庁が再度... <自民党>リストラ圧力に 経団... >>