サンクチュアリ

オウム新実被告の死刑確定=最高裁(時事通信)

 地下鉄、松本両サリンや坂本堤弁護士一家殺害など11事件で殺人などの罪に問われたオウム真理教元幹部新実智光被告(45)について、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は16日付で、死刑判決に対する被告の訂正申し立てを棄却する決定をした。死刑が確定した。
 同小法廷は先月19日、「教団古参幹部の立場で、積極的な実行者として重要な役割を果たした」として、一、二審の死刑判決を支持、被告側上告を棄却していた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
「厚生官僚の大罪許さない」=小泉被告が最終陳述
殺人の時効撤廃=政府、刑訴法改正案提出へ
時効撤廃で最終調整=法制審、月内にも答申へ
殺人時効、54.9%が「短い」=死刑容認は増加

<岐阜刑務所>看守部長が同僚の金盗み懲戒(毎日新聞)
<玄関ドアポスト>「YKK AP」製で重傷事故(毎日新聞)
中華まんに覚せい剤隠し密輸=台湾人の女を逮捕−成田空港(時事通信)
雑記帳 チョコ売り場に神社の映像 仮想参拝で恋、成就を(毎日新聞)
「めぐみさんと会った」=金元工作員の証言を確認−中井担当相(時事通信)
[PR]
by dipn45cpsp | 2010-02-22 21:24
<< 参院選にらみ連携=政策協議開始... <民主党>企業献金「禁止」を強... >>